カミソリで脱毛するときに毛が濃くならない方法とは?

カミソリで脱毛すると、どうしても毛が濃くなるのではないか…という心配がありますよね。
毛が濃くなるというのは実は間違いで、かみそりを使って先端部分を切り落としてしまうことで、断面の面積が増えるために毛が太く見えるだけなんです。

カミソリで脱毛するときに毛が濃くならない方法とは?ただ、そもそも毛というのは、皮膚を外敵から守るために生えています。
だから、カミソリで脱毛するときに、皮膚を傷つけてしまうと、体は「その部分をより守らなきゃ」と防御反応が働いて、より毛を濃くして、外敵からの守りを固めようとするんです。

例えば、毛の流れとは逆方向にカミソリを当ててしまうと、肌へのダメージはより大きくなってしまいます。
また、しっかり剃ろうと、何度も何度も同じところにカミソリを当てて剃っていると、その部分ばかり皮膚がダメージを受けてしまうんです。
さらに、ボディークリームなどを使わずに、ムダ毛を剃ろうとすると、直接肌にカミソリが当たり、ダメージがより大きくなっちゃう…

これでは、ムダ毛を剃っても、すぐにまた生えてくるばかりか、どんどん毛が濃くなってしまいますよね。
だから、カミソリでムダ毛を処理するときには、肌を出来る限り傷つけないように、清潔なカミソリで適切な方法で丁寧に行いましょう。
そして、脱毛後にはどうしても肌は乾燥しやすくなるので、保湿クリームなどでしっかり守ってあげるようにしましょう。
そうすることで、毛が濃くならずにカミソリ脱毛できますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です